時事解説【バックナンバー】

※バックナンバーは会員の方のみ閲覧できます。 会員登録がまだの方はこちらからどうぞ

2008年11月27日号
【検察ウォッチャー50年】
本誌の有名事件高額保釈金ランキング1位〜42位(26日改定)から読み取れるロッキード事件以後の政・官・業腐敗と東京・大坂・名古屋地検特捜部A

2008年11月23日号
【検察ウォッチャー50年】
本誌の有名事件高額保釈金ランキング1位〜41位から読み取れるロッキード事件以後の政・官・業腐敗と東京地検、大坂地検特捜部@

2008年11月17日号
【経済犯罪データベース】
00年、東京地検特捜部が摘発した経営コンサルタント会社「ネオギルド」の脱税請負事件

2008年11月10日号
【ヤメ検の効用】
1審で懲役2年6月を言い渡された守屋武昌被告の主任弁護人もヤメ検だった!!

2008年10月31日号
【経済犯罪データベース】
流れが読める、有名事件高額保釈金ランキング1〜51位
2008年 10月31日初版
2008年 11月26日改訂版
2008年 12月12日再改訂版
2008年 12月13日再改訂版
2009年1月7日改訂版
2009年2月22日改訂版

2008年10月27日号
【山口組】
今週、明らかになる10団体に対する処分とその波紋
本誌編集長「現代の親分(山口組の場合、最高幹部、舎弟、幹部、若中)は任侠組織員としての顔とシノギにおけるビジネスマンの顔の矛盾する2つの顔を持っているー大組織なるが故の矛盾点だ、これが分からないと山口組を理解することはできないのではないか」とコメント

2008年10月21日号
【山口組】
一時は分裂の可能性も取り沙汰されたが、決着をみた後藤忠政氏の除籍問題

2008年09月01日号
【経済犯罪データベース】
D歴史は繰り返す、数ある町村長の汚職のうち、ゴルフ場開発汚職に絡み懲役3年の実刑になった千葉県成東町長、福岡県小竹町長の事例を提供する
本誌編集長「成東町の地上げに纏わり、最近、当時の関係者がまたぞろ害悪を流しているとして消息通の口の端に上るようになってきたからだ」とコメント

2008年08月29日号
【経済犯罪データベース】
C事務次官・特殊法人トップ・大臣の諮問機関委員の汚職の内容と、量刑、追徴金ランキング
本誌編集長「政治かもそうだが、官僚のトップは誘いに弱い、賄賂を断る例も少ない。だからこれまで無罪が確定した例はない」とコメント

2008年08月27日号
【経済犯罪データベース】
B本誌の独自のデータベースをもとに作成した市長の犯罪、実刑判決を受けた市長の量刑、追徴金ランキング、執行猶予付有罪判決を受けた市長(区長)の量刑、追徴金ランキング

2008年08月18日号
【経済犯罪データベース】
A県知事及び政令指定都市市長の犯罪などー佐川急便事件の金子前新潟県知事、ゼネコン汚職の石井前仙台市長、本間前宮城県知事、業際研事件の円藤・前徳島県知事、収賄事件の佐藤前福島県知事、談合収賄事件の宮崎和歌山県知事ほか、知事が立件された主な事件、主な政治資金規正法違反事件、平成の県知事及び政令指定都市市長の犯罪量刑・追徴ランキング

2008年08月10日号
【経済犯罪データベース】
@これが政界腐敗の構図だー平成の政治家(国会議員・経験者)事件と判決結果、量刑・収賄追徴金ランキング、捜査・裁判中の政治家及び関係者の自殺例
本誌編集長「起訴された政治家全員が有罪、ターゲットになったら弁護士を頼ればいい、この考えでは全員有罪になって当然」とコメント

2008年07月30日号
【現役VSヤメ検の攻防】
横浜地裁が08年1月16日言い渡し4被告とも控訴を取り下げ確定した山口県の死亡事故(02年10月)に関する業務上過失致死事件判決理由の要旨

2008年05月28日号
【警察vs山口組】
資金源を封じ込めるのが狙いの改正暴力団対策法の5つの要点を解説するC

2008年05月19日号
【警察vs山口組】
資金源を封じ込めるのが狙いの改正暴力団対策法の5つの要点を解説する                

2008年05月12日号
【警察vs山口組】
暴力団対策法改正された5つの要点を解説する@ 山口組の現況

2008年05月07日号
【警察vs山口組】
@改正暴力団対策法が成立,施行は「拡大強化された組長の賠償責任」についてはは5月上旬の公布日,それ以外は交付日から3か月後

2008年03月24日号
【暴力団の犯罪】
長崎市長銃撃事件、城尾哲弥被告に死刑を求刑した検察側怒りの厳しい論告要旨

2008年03月10日号
【上告棄却決定】
同じ口頭弁論を経ない判断でも許永中、田中森一被告と松村明仁被告に対する決定は同じなのか、違うのか

2008年03月03日号
【資料】
鈴木宗男氏への控訴審判決要旨と本誌編集長の大野派、中川一郎氏らに関する思い出

2008年02月12日号
【クローズアップ】
08年4月〜2010年3月の日弁連の舵取りを任された宮崎誠氏と得票率42パーセント、
7043票を集めた司法改革反対派の高山俊吉氏
【非弁提携】
貸金業者から多重債務者紹介された大阪弁護士会所属の田嶋伸幸、角谷哲夫容疑者、
本誌編集長「弁護士は非弁提携すればバッチを失うと自覚すべし」

2008年01月15日号
【法務省人事】
07年の検事任官は法科大学院出身42人、旧司法試験合格者と合わせ113人


|2007年のバックナンバー|2006年|2005年|2004年|2003年|

戻る