時事解説

2017年09月25日号

【東京地検】
東京地検公安部検事が児童ポルノDVD12枚を所持=懲戒処分受け依願退職


●産経ニュース
「産経ニュース」は22日、「東京地検公安部検事が児童ポルノDVD12枚を所持 懲戒処分受け依願退職」という見出しで次の記事を配信した。
 児童ポルノのわいせつなDVD12枚を所持したとして、東京地検は22日、公安部の菅井健二検事(44)を停職2カ月の懲戒処分にした。菅井検事は事実関係を認め、同日付で依願退職した。東京区検は同日、児童買春・ポルノ禁止法違反罪で菅井検事を略式起訴。東京簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。

 地検の山上秀明次席検事は「誠に遺憾であり、国民の皆さまに深くおわびする。事件を深刻に受け止めて改めて職員に対する指導を徹底し、再発防止に努めていく」とコメントした。

●読売新聞
「読売新聞」は22日、「児童ポルノ所持、東京地検の検事に罰金50万円」という見出しで次の記事を配信した。
 児童ポルノのDVDを所持したとして、東京地検は22日、同地検公安部の検事菅井健二容疑者(44)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反で東京簡裁に略式起訴した。

 菅井容疑者は同日付で同簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、即日納付した。

 発表では、菅井容疑者は4月中旬頃、都内の自宅で児童ポルノのDVD12枚を所持した。地検によると、別件の児童ポルノ販売事件の捜査の過程で、菅井容疑者がDVDを個人的に購入していたことが判明した。同地検は22日付で菅井容疑者を停職2か月の懲戒処分にし、菅井容疑者は依願退職した。

 菅井容疑者は1999年に任官。長崎地検佐世保支部長などを務めた。東京地検の山上秀明・次席検事は「国民の皆様に深くおわび申し上げる。事件を深刻に受け止め、再発防止に努める」とコメントした。

●鷲見一雄のコメント
「東京地検は適切、妥当な処分をした、と思う」


戻る