時事解説

2017年09月13日号

【クローズアップ】
森本宏東京地検特捜部長=これまで特捜にあわせて7年半在籍


●TBSNEWS
「TBSNEWS」は13日、《森本東京地検特捜部長「不公平に思う事件を手がける」という見出しで次の記事を配信した。
 東京地検特捜部の新しい部長に就任した森本宏氏が報道各社の取材に応じ、「国民が不公平に思う事件を手がけていく」などと抱負を述べました。

 森本宏・新特捜部長は岐阜県出身の50歳で、これまで東京地検特捜部にあわせて7年半在籍し、副部長時代には医療法人「徳洲会グループ」の公職選挙法違反事件などを手がけました。

 就任にあたって、森本特捜部長は「国民が不公正、不公平に思う事件を手がけていきたい」「特捜部には水面下の事件をきちんと見つけ出す、責任がある」などと抱負を述べました。そのうえで、「特捜部は財政・経済事件捜査のスペシャリストとして関係機関と連携して事件を解決していくのが指命」だという考えを示しました。(12日19:11)

●鷲見一雄のコメント
「期待したい」


戻る