時事解説

2017年07月12日号

【京都府警】
会津小鉄会「7代目」名乗る文書偽造容疑で山口組総本部・事務所を捜索


●産経新聞
「産経新聞」は11日、「山口組総本部・事務所を捜索 会津小鉄会「7代目」名乗る文書偽造容疑」という見出しで次の記事を配信した。
6代目山口組総本部事務所に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら=7月11日午後、神戸市灘区の6代目山口組総本部事務所(写真:産経新聞)

 指定暴力団会津小鉄会(京都市)の6代目会長名義の文書を偽造したとして、有印私文書偽造・同行使容疑で同会若頭の原田昇(本名・津(つ)波(は)廣(こう)保(ほ))容疑者(64)=同会直系「心誠会」組長=と原田容疑者に近い指定暴力団山口組系組長(67)ら4人が逮捕された事件で、京都府警は11日、同容疑で山口組総本部事務所(神戸市)を家宅捜索した。

 家宅捜索は同日午後2時10分ごろから、捜査員ら約60人態勢で実施。盾を持った機動隊員らも警戒にあたったが、捜索は約30分で終了し、目立った混乱もなかった。

 同会は会長人事をめぐって内部分裂。原田容疑者は自らが後継の7代目会長だとする文書を偽造したなどとして逮捕された。原田容疑者らが文書を出した直後、6代目会長名でこの内容を否定し、原田容疑者を絶縁とする内容の文書が流れた。

●鷲見一雄のコメント
「事件の結末に注目したい」


戻る