時事解説

2017年07月11日号

【神戸山口組】
全国の直系組長らが集まる毎月の「定例会」 釈放の井上邦雄組長が2カ月ぶりに参加


●産経新聞
「産経新聞」は10日、「山口組分裂 神戸山口組が定例会 釈放の井上邦雄組長が2カ月ぶりに参加」という見出しで次の記事を配信した。
 兵庫県淡路市の指定暴力団神戸山口組の本部事務所で10日、全国の直系組長らが集まる毎月の「定例会」が開かれ、京都府警に傷害容疑などで再逮捕され、7日に処分保留で釈放された井上邦雄組長(68)が2カ月ぶりに姿を見せた。兵庫県警が周囲を警戒したが、混乱はなかった。

 本部事務所には午前11時前から直系組長を乗せた車が続々と到着。井上組長は午後0時25分ごろに白いセダンタイプの車で現れ、幹部らの出迎えを受けた。定例会では井上組長の釈放を受け、改めて組の結束が図られたとみられる。

 井上組長は6月6日、知人名義で携帯電話1台を購入したとする詐欺容疑で兵庫県警が逮捕。同月16日には、指定暴力団会津小鉄会の本部事務所(京都市下京区)で起きた乱闘に関与したとして傷害容疑などで京都府警に再逮捕されたが、いずれも処分保留となっている。

 逮捕後の同月8日の定例会は井上組長不在で開催。一方、同月20日には同県稲美町にある井上組長の関係先の居宅に銃弾が撃ち込まれる事件が起きている。

●鷲見一雄のコメント
「兵庫県警が周囲を警戒したが、混乱はなかった。(産経)。」


戻る