時事解説

2017年06月17日号

【京都府警】
何故、神戸山口組長を再逮捕したのか?=神戸地検、携帯電話をだまし取ったとする詐欺容疑、処分保留


●毎日放送
「毎日放送」は16日、「神戸山口組組長再逮捕 会津小鉄会乱闘関与の疑い」という見出しで次の記事を配信した。
 今年1月、京都の指定暴力団・会津小鉄会の本部事務所で神戸山口組と六代目山口組の組員が乱闘した事件で、京都府警は神戸山口組の井上邦雄組長ら数人を傷害容疑などで逮捕しました。

 逮捕されたのは、神戸山口組の組長・井上邦雄容疑者(68)と会津小鉄会六代目会長の馬場美次容疑者(76)ら数人です。今年1月、京都の会津小鉄会の本部事務所で馬場容疑者の後任を巡り「神戸山口組」と「六代目山口組」系の複数の組員らが集結し、けが人が出る騒ぎとなりました。

 警察によりますと、その際、井上容疑者は馬場容疑者と連絡を取り合い神戸山口組系の組員らを差し向けるなどした疑いがもたれています。会津小鉄会はいまも内紛が続いていて、警察は井上容疑者の関与を詳しく調べる方針です。

●産経新聞
「産経新聞」は16日、「神戸山口組組長を再逮捕 京都府警 組員乱闘関与疑い」という見出しで次の記事を配信した。
 指定暴力団会津小鉄会(京都市)の本部事務所で今年1月、暴力団組員らが乱闘騒ぎを起こした事件で、京都府警は16日、暴力行為法違反と傷害容疑で指定暴力団神戸山口組組長、井上邦雄容疑者(68)を再逮捕した。乱闘には同組側の組員と指定暴力団山口組側の組員が加わっていたとされ、府警は井上容疑者も関与していた疑いがあるとみている。

 井上容疑者は、知人女性名義で携帯電話を機種変更し1台を詐取したとする詐欺容疑で兵庫県警に今月6日に逮捕されており府警は16日午前、勾留先の同県警葺合署から京都へ身柄を移送。本格的な取り調べを始める。詐欺容疑については同日処分保留となった。

 乱闘騒ぎは1月11日に発生。3組織の組員数十人が同会本部事務所に集結し、小競り合いを起こした上、負傷者が出た。井上容疑者は現場にはいなかったものの、神戸山口組側の組員に指示するなどした可能性があるとみている。

 この乱闘騒ぎの後、同会は神戸山口組寄りの同会6代目会長、馬場美次(みつぐ)容疑者(76)=同法違反容疑などで逮捕=の側と山口組寄りの若頭側の2派に分かれ、それぞれが「7代目」を名乗る事態となった。

●朝日新聞デジタル
「朝日新聞デジタル」は16日、「乱闘事件、依頼受け支援した疑い 逮捕の神戸山口組組長」という見出しで次の記事を配信した。
 指定暴力団会津小鉄会の会長後継人事をめぐり、京都市下京区の本部事務所周辺で起きた乱闘事件で、京都府警は16日、指定暴力団神戸山口組組長の井上邦雄容疑者(68)=兵庫県警が詐欺容疑で逮捕、処分保留=を暴力行為等処罰法違反(集団暴行)と傷害の疑いで再逮捕した。同容疑で逮捕された会津小鉄会6代目会長の馬場美次(みつぐ)容疑者(76)から依頼され、組員らに加勢を指示したとされる。捜査関係者への取材でわかった。

【写真】神戸山口組組長の井上邦雄容疑者

 捜査関係者によると、府警は13日以降、乱闘事件に絡み、馬場容疑者を含め数人を逮捕しているという。井上容疑者らは共謀して1月11日、会津小鉄会本部事務所で山口組側の組員らを殴るなどした疑いがある。

 捜査関係者によると、昨年秋に会長引退を表明した馬場容疑者の後継をめぐり今年1月10日、指定暴力団山口組側が会津小鉄会本部事務所を占拠。府警は、神戸山口組派である馬場容疑者が井上容疑者に支援を求める電話をかけたとみている。

●読売新聞
「読売新聞」は16日、「事務所での乱闘主導か…神戸山口組組長を再逮捕」という見出しで次の記事を配信した。
 京都市の指定暴力団・会津小鉄会の本部事務所で今年1月に起きた乱闘に関わったとして、京都府警は16日、指定暴力団・神戸山口組組長の井上邦雄容疑者(68)(詐欺容疑で逮捕)を傷害容疑などで再逮捕した。

 乱闘前日、井上容疑者が会津小鉄会会長や自らの配下の組員らと電話でやり取りしていたことが判明。府警は井上容疑者が乱闘を主導したとみて調べる。

 捜査関係者によると、井上容疑者は会津小鉄会会長・馬場美次(みつぐ)容疑者(76)や神戸山口組系幹部らと共謀し、1月11日、同市下京区の同会本部事務所で同会組員に暴行を加え、けがをさせた疑い。

 同会は指定暴力団・山口組の分裂に伴い、内部で山口組派と神戸山口組派が対立。同月10日、山口組派と山口組関係者が本部事務所を占拠した。府警が井上容疑者の携帯電話の通話記録を調べたところ、この日、馬場容疑者や傘下の幹部らと電話していたという。府警は井上容疑者の再逮捕に先立ち、今月、馬場容疑者や神戸山口組系幹部ら計5人を同容疑などで逮捕した。

●毎日新聞
「毎日新聞」は16日、「<神戸山口組>組長を集団暴行容疑などで再逮捕 京都府警」という見出しで次の記事を配信した。
 ◇会津小鉄会会長ら5人も同じ容疑で逮捕

 指定暴力団・会津小鉄会の内紛に絡み、京都市下京区の本部事務所で今年1月に組員が乱闘した事件で、京都府警は16日、別の詐欺事件で兵庫県警に逮捕されていた指定暴力団・神戸山口組の組長、井上邦雄容疑者(68)=神戸市北区=を暴力行為法違反(集団暴行)と傷害の疑いで再逮捕し、他に会津小鉄会会長の馬場美次容疑者(76)=服役中=ら5人を同じ容疑で逮捕したと発表した。

 会津小鉄会には、指定暴力団・山口組に近い組員と神戸山口組と関係が深い組員がおり、昨秋以降、馬場容疑者の後継を巡って対立していた。

 6人の逮捕容疑は共謀して今年1月11日、山口組に近い組員ら9人が占拠していた本部事務所に行き、うち1人の組員(69)に頭部打撲の軽傷を負わせたなどとしている。府警はいずれの認否も明らかにしていない。府警は他に数十人が乱闘に関わっていたとみて調べている。

 捜査関係者によると、井上、馬場両容疑者は現場にいなかったが、携帯電話の履歴から事件前に連絡を取り合っていたことが判明。馬場容疑者の依頼を受けた井上容疑者が、会津小鉄会の神戸山口組と関係が深い組員に加勢するよう傘下の組員に指示した可能性があると判断した。

 一方、神戸地検は16日、携帯電話をだまし取ったとする詐欺容疑について井上容疑者を処分保留とした。

●鷲見一雄のコメント
「京都府警、同地検の捜査に注目したい」


戻る