ニュースとコメント

2017年09月26日号

【結審】
碑文谷強殺、池田徳信被告(29)に無期懲役を求刑…29日に判決


●読売新聞
「読売新聞」は25日、「碑文谷強殺、無期懲役を求刑…29日に判決」という見出しで次の記事を配信した。
 2016年6月に東京都世田谷区のマンションに侵入し、寝ていた阿部祝子さん(当時88歳)を殺害して現金を奪った上、遺体を切断して目黒区の碑文谷公園の池に捨てたとして、強盗殺人や死体損壊などの罪に問われた無職池田徳信被告(29)の裁判員裁判の公判が25日、東京地裁(石井俊和裁判長)であり、検察側は無期懲役を求刑するなどして結審した。

 判決は29日。

 公判の争点は強盗殺人罪が成立するかどうか。検察側は論告で、「被告は事件の約3か月前に仕事を辞めて収入がなかったが、事件直後に被告の銀行口座に現金が入金された。被害者から現金を奪ったのは明らかだ」と述べ、同罪が成立すると主張した。

 これに対し、弁護側は最終弁論で「阿部さんを殺害したが、金は奪っていない」と同罪の成立を否定し、「無期懲役は重すぎる」と主張した。

●鷲見一雄のコメント
「29日に言渡される判決に注目したい」


戻る