ニュースとコメント

2017年08月10日号

【東京地検特捜部】
復興補助金2・5億円詐取 再生エネルギー関連会社役員2人を起訴


●産経新聞
「産経新聞」は9日、「復興補助金2・5億円詐取 再生エネ、会社役員2人起訴 東京地検特捜部」という見出しで次の記事を配信した。


 発注書などを偽造し福島県が交付する復興企業立地補助金約2億5千万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は9日、詐欺と有印私文書偽造・同行使の罪で、大阪府岸和田市の再生可能エネルギー関連会社「CKU」代表取締役、谷川章太(35)=同市=と、兄で同社取締役の茂利(38)=東京都台東区=の両容疑者を起訴した。

 起訴状によると、平成24年12月~26年9月ごろ、同社が福島県白河市に建設する熱交換器製造工場の機械設備の購入などをめぐり、虚偽の購入金額を記載した請求書を県に提出。26年9~10月に発注書などを偽造した上で虚偽の補助金交付請求書などを知事に提出し、同11月に「ふくしま産業復興企業立地補助金」約2億5千万円をだまし取ったとしている。

 県によると、この補助金は県内で工場などを新設した企業を対象に、地元で新規に5人以上雇用した場合、投資額の一部が補助される。24年から始まり、今年3月末時点で375件に適用され、約1560億円が支払われた。

 民間の信用調査機関によると、CKUの資本金は1千万円。本社は大阪府岸和田市で、従業員は10人余。太陽光発電関連の設計・施工のほか、エアコンなどに使用する熱交換器の研究開発も行っているとしている。

●鷲見一雄のコメント
「公判に注目したい」


戻る