ニュースとコメント

2017年08月09日号

【弁護士懲戒】
岡山弁護士会、桜井幸一弁護士(69)を退会命令=会費滞納、依頼放置で


●時事通信
「時事通信」は8日、「69歳男性弁護士に退会命令=会費滞納、依頼放置で―岡山弁護士会」という見出しで次の記事を配信した。


 岡山弁護士会は8日、会費を滞納したり依頼された事件を放置したりしたとして、桜井幸一弁護士(69)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。

 同弁護士は2016年12月にも依頼を放置し、業務停止1カ月の処分を受けている。

 同会によると、桜井弁護士は15年11月~16年6月までの日弁連や岡山弁護士会の会費など約30万円を滞納。また、受任した医療過誤事件を14年11月~15年7月の間、依頼人に十分な経過報告をせず、放置していたという。

 退会命令は、弁護士としての活動ができなくなる重い処分。桜井弁護士とは現在連絡がつかず、会費滞納や依頼を放置した理由は不明という。同弁護士は1997年度に岡山弁護士会副会長を務めている。

●鷲見一雄のコメント
「退会命令は、弁護士としての活動ができなくなる除名に次ぐ重い処分。事実上法曹界から去らざるをえなくなる」


戻る