ニュースとコメント

2017年08月09日号

【鹿児島地裁】
公金4700万円余横領 湧水町元職員に懲役4年の判決


●南日本放送
「南日本放送」は8日、「横領 湧水町元職員 懲役4年の判決」という見出しで次の記事を配信した。
 鹿児島県湧水町の公金4700万円余りをだまし取った罪などに問われている湧水町の元職員の男に対し、鹿児島地方裁判所は8日、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。判決を受けたのは、湧水町の元職員で住所不定の無職・南鶴幸一郎被告(38)です。判決によりますと、南鶴被告は湧水町の会計課に勤務していた2012年12月から翌年の11月にかけ、町の口座を管理する指定金融機関から111回にわたって水増しして現金を引き出すなどし、公金およそ4700万円をだまし取ったものです。8日の判決で鹿児島地裁の冨田敦史裁判長は「借金返済などのため公金を湯水のように使い、大胆で身勝手な犯行だ」として、懲役6年の求刑に対し、南鶴被告に懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

●鷲見一雄のコメント
「妥当な判決だ、と思う」


戻る