ニュースとコメント

2017年07月13日号

【東京高裁】
埼玉・朝霞の強盗殺人=元県警巡査部長中野翔太被告(33)、二審も無期懲役


●時事通信
「時事通信」は12日、「元警察官、二審も無期=埼玉・朝霞の強盗殺人―東京高裁」という見出しで次の記事を配信した。
 埼玉県朝霞市の民家で2015年、男性=当時(58)=が殺害され現金が奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた元県警巡査部長中野翔太被告(33)の控訴審判決が12日、東京高裁であった。

 大島隆明裁判長は無期懲役とした一審さいたま地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側控訴を棄却した。

 大島裁判長は、被告は男性の首を強い力で絞め続けて殺害しており、殺意があったと指摘。不倫相手と同居していたアパートの家賃や旅行費用を工面する必要があり、「強盗殺人の目的に沿う事情があった」と述べた。

 判決によると、中野被告は15年9月、寺尾俊治さん宅に侵入してロープで首を絞めて殺害。現金約117万円や64万円相当の記念硬貨を奪うなどした。

●鷲見一雄のコメント
「極めて妥当な判決だ」

戻る