ニュースとコメント

2017年06月17日号

【環境省】
除染事業参入の見返りに謝礼収受の職員を懲戒免職


●産経ニュース
「産経ニュース」は16日、「除染事業参入の見返りに謝礼 環境省職員を懲戒免職」という見出しで次の記事を配信した。
 環境省は16日、除染事業に参入させる見返りに業者から飲食接待を受けたなどとして、収賄罪で公判中の福島環境再生事務所職員、鈴木雄二被告(57)=起訴休職=を懲戒免職処分にした。

 鈴木被告は平成27~28年、福島県浪江町の除染事業に富山県高岡市の土木建築会社が参入できるようにする謝礼として、同社の元経営者=贈賄罪で罰金50万円が確定=から飲食代など約23万円相当を受け取ったとして起訴された。同省の調査にも事実関係を認めた。

 また監督責任があったとして、東北地方環境事務所長ら3人を懲戒処分に当たらない「厳重注意」とした。

●鷲見一雄のコメント
「鈴木雄二被告(57)=起訴休職=は公務員意識が欠如していた。環境省は当然の処分をした、と思う」


戻る