ニュースとコメント

2017年06月17日号

【福岡地検】
<福岡労働局汚職>福岡労働局安全課主任地方産業安全専門官を受託収賄罪で起訴


●毎日新聞
「毎日新聞」は16日、「<福岡労働局汚職>専門官を受託収賄罪で起訴」という見出しで次の記事を配信した。
 ◇船舶製造・販売会社役員を贈賄罪で福岡地裁小倉支部に

 移動式クレーンの製造許可審査を巡る汚職事件で、福岡地検小倉支部は16日、福岡労働局安全課主任地方産業安全専門官、安藤和久容疑者(59)=福岡県苅田町=を受託収賄罪で、船舶製造・販売会社「エスエム鉄工」役員、藤本建也容疑者(76)=北九州市門司区=を贈賄罪で福岡地裁小倉支部に起訴した。

 起訴状などによると、安藤被告は2014年6~7月、藤本被告から依頼を受け、同社が労働局に申請した移動式クレーンの製造許可審査について、担当職員に対し早急に許可するよう働きかけた見返りに計30万円分の商品券を受け取ったとされる。安藤被告は特定機械の製造許可審査の指導、助言をする立場だった。地検は認否を明らかにしていない。

 安藤被告は収賄容疑で逮捕されたが、事前に依頼を受けていたと判断し、法定刑がより重い受託収賄罪を適用したとみられる。【志村一也、木村敦彦】

●鷲見一雄のコメント
「福岡地検は安藤被告を収賄容疑で逮捕したが、事前に依頼を受けていたと判断し、法定刑がより重い受託収賄罪を適用して起訴したのは妥当な処分だ」


戻る