ニュースとコメント

2017年06月13日号

【東京高裁】
デヴィ夫人と小学館和解=週刊ポスト記事巡る損賠訴訟


●産経ニュース
「産経ニュース」は12日、「デヴィ夫人と小学館和解 週刊ポスト記事巡り」という見出しで次の記事を配信した。
 タレントのデヴィ夫人が「週刊ポスト」に虚偽の記事を書かれ名誉を傷つけられたとして、発行元の小学館(東京)に2100万円の損害賠償を求めて起こした訴訟は12日、東京高裁(永野厚郎裁判長)の控訴審で和解が成立した。内容は明らかになっていない。

 デヴィ夫人が問題としたのは、2014年2月10日発行の記事。同1月に都内であった故淡路恵子さんの告別式に参列したデヴィ夫人が、ひつぎの中から形見の着物を引っ張り出そうとしたと報じていた。

 東京地裁は今年2月の判決で「記事は真実と認められない」として小学館に90万円の賠償を命令。双方が控訴していた。

●鷲見一雄のコメント
「和解は妥当な選択だ、と思う」


戻る