ニュースとコメント

2017年04月20日号

【さいたま地検】
落合義和新検事正が就任会見


●さいたまテレビ
「さいたまテレビ」は19日、「さいたま地検 落合義和新検事正が就任会見」という見出しで次の記事を配信した。
 17日付けで就任したさいたま地方検察庁の落合義和検事正が会見し、「法と証拠に基づいて捜査や公判を遂行していきたい」と抱負を述べました。

落合義和検事正は57歳。1986年に検事となり、東京地検の刑事部長や富山地検の検事正、それに最高検察庁の検事などを歴任しました。

就任会見で落合検事正は、「基本に忠実な職務の遂行、ワークライフバランスの推進などを進め、刑事事件については、法と証拠に基づいて適正に捜査や公判を遂行していきたい」と抱負を述べました。また埼玉県については「前任地の東京は大都会で富山は自然が豊かだったが、埼玉はその両方がある場所だと感じている」と印象を語りました。

●鷲見一雄のコメント
「落合検事正は前東京地検次席検事、期待したい」


戻る