ニュースとコメント

2017年04月19日号

【京都府警】
山口組幹部の収監を免れさせるために検察に病状の虚偽報告をしたとして逮捕されていた会津小鉄会系組員を再逮捕


●産経新聞
「産経新聞」は19日、「虚偽申請で建設業、会津小鉄会系組員ら逮捕」という見出しで次の記事を配信した。
 虚偽の建設業許可の申請を行ったとして、京都府警は18日、建設業法違反容疑で、指定暴力団会津小鉄会系組員、山田英志容疑者(48)=宇治市六地蔵奈良町=を再逮捕し、京都市山科区椥辻西潰、建設作業員、中本貴久容疑者(38)ら3人を逮捕した。

 山田容疑者は、暴力団幹部の収監を免れさせるために検察に病状の虚偽報告をしたとして虚偽診断書作成・同行使容疑で逮捕されていたが、同日、処分保留で釈放されていた。

 山田容疑者の再逮捕容疑は平成28年3月下旬、勤務実体のない中本容疑者ら2人を代表取締役などとする法人の虚偽の建設業許可を府に申請し、不正に建設業許可を受けたとしている。山田容疑者は認否を留保しているという。

 府警組織犯罪対策2課によると、建設会社は山田容疑者が実質的に経営していた。

●鷲見一雄のコメント
「注目したい」


戻る