ニュースとコメント

2017年04月19日号

【仙台高裁】
出会い系サイトで知り合った男性に薬入りチョコの元東北薬科大生、昏睡強盗で二審も懲役4年


●産経ニュース
「産経ニュース」は18日、「出会い系の相手に薬入りチョコの元薬科大生、昏睡強盗で二審も懲役4年」という見出しで次の記事を配信した。
 仙台市の東北薬科大に在学中、出会い系サイトで知り合った男性に睡眠導入剤入りのチョコレートやアイスクリームを食べさせ、クレジットカードを盗んだとする4件の昏睡強盗罪などに問われた小浜翠被告(25)=秋田県横手市=の控訴審判決で、仙台高裁は18日、懲役4年とした一審仙台地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 被告側は量刑が重すぎるとして執行猶予を求めていた。判決理由で嶋原文雄裁判長は、計画的かつ巧妙な犯行だとした上で「被害者の体に大きな危険を伴う可能性もあり、一審の量刑が不当とは言えない」と述べた。

 判決によると、小浜被告は平成27年6月11~24日、仙台市の居酒屋で40~50代の男性4人に睡眠導入剤を混ぜたアイスやチョコを食べさせ、昏睡状態に陥らせた上、クレジットカードを盗んだ。うち1人のカードを不正に使い、約5万円のブレスレットを買った。

 小浜被告は大学を退学処分になった。

●鷲見一雄のコメント
「妥当な判決だ、と思う。小浜翠被告(25)は自分の問われた罪の重大性を理解していないように感じる」


戻る