ニュースとコメント

2017年04月15日号

【茨城県守谷市長】
写真週刊誌「フライデー」報じた公共事業不正疑惑を否定


●産経新聞
「産経新聞」は14日、「フライデーの公共事業不正疑惑を否定 茨城県守谷市長」という見出しで次の記事を配信した。
 茨城県守谷市の松丸修久市長は14日、記者会見を開き、同日発売の写真週刊誌「フライデー」が報道した公共事業をめぐる不正疑惑を否定し、「名誉毀損にあたる部分がある」とも述べた。

 同誌によると、松丸市長は市議会議長だった平成24~28年の間に、自身が筆頭株主を務める企業が市の公共事業14件を受注。市長当選後も受注しており、株を手放していないのであれば、地方自治法に抵触する可能性があると指摘している。

 松丸市長は市長当選後に株を売却したと説明し、経営への関与も否定した。

●鷲見一雄のコメント
「フライデーの報道は波紋を広げるとみられる。注目したい」


戻る