ニュースとコメント

2017年04月15日号

【最高裁】
オリンパス配転無効訴訟、上告棄却決定=社員の敗訴確定 


●朝日新聞デジタル
「朝日新聞デジタル」は14日、「オリンパス配転無効訴訟、社員の敗訴確定 退職勧奨拒否」という見出しで次の記事を配信した。
  オリンパスの現役社員、石川善久さん(53)が、退職勧奨を拒否したことを理由に配置転換されたとして、元の職場に戻すことなどを同社側に求めた訴訟で、石川さんの敗訴が確定した。最高裁第一小法廷(山口厚裁判長)が、13日付の決定で上告を退けた。

 一、二審判決によると、石川さんは2012年に退職勧奨を受けたが拒否し、翌年に品質管理などをする部署への配転を命じられた。当時、配転先の上司が「部下のいない新部署への配転は違法だ」として会社と訴訟をしており、「会社が訴訟対策で、自分を部下として送った」などと主張した。昨年4月の二審・東京高裁判決は「配転命令には合理性があった」として訴えを退けた。

●鷲見一雄のコメント
「妥当な決定だ、と思う」


戻る