ニュースとコメント

2017年03月16日号

【東京地裁】
「自毛植毛」医療法人「萌永会」の民事再生手続き中に財産約9億円を隠したほか法人税法違反被告事件、元実質的経営者の森下信夫被告に懲役5年、元理事で税理士の田幡陽一被告に懲役2年10カ月の判決


●朝日新聞デジタル
「朝日新聞デジタル」は15日、《「自毛植毛」医療法人の脱税事件、2人に実刑判決》という見出しで次の記事を配信した。
「自毛植毛」という薄毛治療のクリニックを経営する医療法人「萌永会」(東京都新宿区)の民事再生手続き中に財産約9億円を隠したほか、法人税約6200万円を脱税したとして、法人税法違反などの罪に問われた元実質的経営者の森下信夫被告(53)らの判決が15日、東京地裁であった。前田巌裁判長は、森下被告に懲役5年、元理事で税理士の田幡陽一被告(60)に懲役2年10カ月の実刑判決を言い渡した。

 財務担当だった金浦千秋被告(48)は懲役2年6カ月執行猶予4年とした。法人としての同会も罰金2千万円とした。

 判決は「経営の実権を握りつつ、自由に使える裏金を確保するために、巨額の資金を隠しており、民事再生手続きの趣旨を私利私欲のために踏みにじった」と非難した。

●鷲見一雄のコメント
「妥当な判決だ、と思う」


戻る