コラム【バックナンバー】

※バックナンバーは会員の方のみ閲覧できます。 会員登録がまだの方はこちらからどうぞ

2008年11月07日号
【ここが問題】
防衛汚職、東京地裁の植村裁判長が、贈賄側の宮崎元伸被告も懲役2年としたわけ、実刑判決を受けた贈賄者の量刑ランキング

2008年11月06日号
【ここが問題】
守屋武昌元防衛事務次官は退職金6500万円を防衛省に返納してもなぜ、懲役2年6月の実刑で執行猶予がつかなかったのか?

2008年11月04日号
【ここが問題】
検察側から懲役3年6月を求刑されている守屋前防衛次官は実刑か執行猶予付き有罪か、5日に言い渡される判決を大胆に予想する。

2008年10月17日号
【ここが問題】
山口組から除籍処分を受けた後藤組は今後どうなるのか?

2008年10月13日号
【変更 弁護士の犯罪】
6日号の「恐喝・安倍治夫、特別背任で起訴された伊坂重昭氏を思い出しながら恐喝・同未遂の山崎正友、公正証書原本不実記載、同行使罪の富永義政、詐欺罪に問われた田中森一弁護士の事件を考える」から「日本は昭和62年11月、竹下内閣誕生以来、ヤクザの企業化、企業のヤクザ化が顕著になった、その原点となった平和相互銀行不正融資事件の伊坂重昭元弁護士の事案を再検証するとともに、竹井博友氏に従い「加商」事件で囚われの身となり、表舞台から姿を消した並木俊守元弁護士、麻布建物の資産隠し事件の富永義政元弁護士、闇社会の守護神と呼ばれた田中森一元弁護士、朝鮮総連本部を巡り詐欺罪に問われている緒方重威元検事長の事件を通し『弁護士とは』を考える」に変更する

2008年10月06日号
【弁護士の犯罪】
@恐喝・安部治夫、特別背任で起訴された伊坂重昭氏を思い出しながら、恐喝・同未遂の山崎正友、公正証書原本不実記載、同行使罪の富永義政、詐欺罪に問われた田中森一弁護士の事件を考える

2008年09月23日号
【ここが問題】
不正登記を申請した住宅販売会社社長、中村満容疑者は「法務局が不正登記を拒否すると、怒鳴り込んできて業務に支障を起こす人物」-- 本誌は「こういう特殊人物に対応マニュアルづくりを促す捜査をやってほしい」と主張する

2008年09月22日号
【ここが問題】
樋渡検事総長、長官会同で「容疑者の息づかいが聞こえてこない供述調書や、調書の内容を一言一句そのまま証言させようと汲々としている証人尋問など、形式に走り、底の浅い捜査・公判活動が少なからず見受けられる」ときつい苦言

2008年09月16日号
【ここが問題】
最高裁、三井環・元大阪高検公安部長の異議申し出棄却で実刑確定に思う

2008年09月09日号
【知ってるつもりでしょうが…】
田中、村上、村岡、三井、西山氏の上告が最高裁で実質3行半の決定で門前払いされた訳、最高裁は被告や民事訴訟の原告の著書がベストセラーとなっても、被告が上告中、マスコミにもてはやされる存在になろうとも判断とは無関係、本欄で強調したいのは「有名人の事件は2審までに無罪と認めてもらわないことには最高裁で逆転は不可能と認識すべきだ、勘違いするな、させるな」ということ

2008年09月02日号
【ここが問題】
いわゆる「西山事件」賠償訴訟=元毎日新聞スター記者の敗訴確定
本誌編集長「1・2審・最終審とも密約の存在について判断を避けたが、それが司法のあるべき姿とまでは思わないが、西山氏の機密書類の入手方法が方法だから、30年前の起訴が違法で名誉を傷つけたかどうかを30年後の裁判官たちに判断しろ、という主張も酷ではあるまいか」とコメント

2008年09月01日号
【ここが問題】
最高裁第2小法廷、三井環・元大阪高検公安部長の上告棄却、懲役1年8月の1・2審判決が確定へー本誌は三井元部長の上告について「2審裁判長の『(検察官が三井被告を)逮捕・起訴したからといって、(三井被告から)不正流用の事実を公表する機会を永遠に奪い去るわけではない』との判断は正しいと最高裁が判断したということだ」と斬る

2008年08月26日号
【ここが問題】
ライブドア事件の堀江被告の弁護団4人全員辞任に思う、言いたいのは1審で堀江被告と同じ懲役2年6月を言い渡され、2審で懲役3年、執行猶予5年の判決を得た山一證券、三木元社長と控訴審に臨んだ姿勢が天と地ほど違ったということだ!!

2008年08月20日号
【回想】
故田淵節也氏(元野村証券会長)のお別れの会が9月9日に開催されることに思う
【ここが問題】
特別背任罪で起訴された「平和奥田」相談役と糸川代議士との面会に同席して暴力行為法違反(共同脅迫)容疑で処分保留で釈放された元草津市長逮捕の背景

2008年08月04日号
【現役VSヤメ検の攻防】
A詐欺罪に問われた緒方重威弁護士事件、有罪か無罪か、鍵を握る落合義和・特捜部副部長と落合洋二弁護人の対決に注目集まる、本誌は「双方の主張に不自然さが何箇所かみられる。その点を国民がどう捉えているかを正確に把握した方が勝つ,独りよがりは認められる確率が低いと見立てる」と斬る

2008年07月28日号
【ここが問題】
奥田平和が上場廃止に追い込まれた真因、奥宗嗣前社長、山元康幸前相談役の10年の軌跡から見えてくるもの、それは2人の関係がイトマン事件の河村良彦社長、伊藤寿永光常務の関係に酷似していることだ!!

2008年07月20日号
【政治と金と事件と】
検察完勝を堅持、リクルート事件の藤波孝生氏以降村岡兼造氏まで9人の政治家の上告事件は鈴木宗男氏を除く8氏は全て決定により上告棄却
本誌編集長「政治家の無罪主張は1・2審で認められなければ上告しても無理、2審判決に憲法、判例違反、破棄しなければ著しく正義に反するほどの事実誤認があるなど考えてもいないからだ」とコメント

2008年07月07日号
【ここが問題】
産経・大阪が「9000万円詐取 田中元検事 一転弱気に 「裁判勝てぬ」示談検討も」という見出しで近況を報じた。
本誌編集長「受け取った金は正当な弁護士報酬などと説明するから冤罪主張から一転、示談などと言い出さなければならない破目になる」とコメント

2008年06月30日号
【ここが問題】
スルガコーポレーションを経営破たんさせた岩田一雄氏の個人責任をあいまいにしてはならない

2008年06月16日号
【ここが問題】
長野県警に逮捕された事故処理で無免許もみ消し上田署交通課の警部補

2008年06月09日号
【ここが問題】
ゲンダイネットの「東京地検は解散しろ!…」を読んで感じたこと−防衛利権捜査を阻む障害とは何なのか? 

2008年06月03日号
【ここが問題】
産経新聞,「国策」批判の違和感 地位上がるほど執念強まる」という記事に思う
鷲見一雄もその通りと共感する

2008年05月22日号
【ここが問題】
ストーカーもとんでもないが,あってはならない裁判官と書記官のミスもとんでもないことには変わりはない!

2008年05月20日号
【ここが問題】
大阪弁護士会,刑事裁判の初公判で,弁護人が安易に検察側請求証拠にすべて同意するのは「防御権の侵害」と判断
本誌編集長「刑事弁護に携わる弁護士に手抜き,不誠実弁護に警鐘を鳴らした判断,高く評価する」とコメント

2008年05月12日号
【ここが問題】
新潟県警・交通警官のスピード違反検挙は違法逮捕,裁判官が警官の権力乱用を認め新潟県に60万円の損害賠償の支払い命令

2008年05月07日号
【検察50年史の光と影】
読売新聞の<「砂川事件」当時の米大使が外相に最高裁へ跳躍上告進言>を読んで
最高裁大法廷が9か月後、破棄差し戻し判決を出し日米政府を救ったこと、児玉誉士夫,稲川角二らが積極的に岸内閣の安保推進に協力するきっかけになったことを思い出す

2008年04月21日号
【ここが問題】
田中森一特捜検事は何故、87年12月、検察界を去ったのか?
検察官は特定の政治家や闇社会と深く関わるのはご法度、田中氏の場合、それには触れず、上層部が事件をやらせなかったことに焦点を当て、辞めて闇世界の守護神と呼ばれる存在になることを正当化、マスコミの支持を得ていたということだ!

2008年04月14日号
【ここが問題】
国立大発注の施設整備事業に絡む汚職事件、贈賄側の倉重裕一容疑者が履いた受注側の営業と参院議員(有力文教族)秘書という2足の草鞋とそんな不条理を排除できなかった文科省文教施設企画部

2008年04月06日号
【ここが問題】
守屋武昌防衛次官に続き文部科学省技官トップが収賄容疑で逮捕されたことで思う

2008年03月30日号
【ここが問題】
本誌編集長、鷲見一雄の敗者の弁「表現力不足、上告審に対する研究不足は恥じ入らざるを得ないが、第3小法廷が弁護側の出した「斉藤十朗元参院議長の代表質問に関する意見書」、「上告趣意補充書」を「いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらない」と判例違反の主張と一括りにし、形式的な職権判断を行い村上氏側の上告を退けたのは411条を無視する実質的な判断回避(職務放棄)で大いに異議がある

2008年03月28日号
【司法の広場】
「ヤクザが仕切る地方行政 東葛ヤクザが都市ブロイラー住民を喰うのを止める者はいないのか」と題する流山市の公共工事に絡む噂についての投稿に
本誌編集長「県警捜査2課、地検特別刑事部は当然、関心を示す」とコメント

2008年03月24日号
【ここが問題】
スルガコーポレーションの急成長を公然と支えた反社勢力・「光誉」代表取締役・朝治博容疑者

2008年03月10日号
【警察VS経済ヤクザ】
1つの事案で対立する2つの判決、後藤組長に対し片や「不実の登記首謀者」、1方は「不実の登記をする認識があったと認めるには合理的な疑いが残る」、どうしてこんな異常な事態となったのか、警察、検察に徹底した検証捜査の必要性を指摘する

2008年03月03日号
【遺言】
「代表質問と一般質問は違うんだ、村上正邦元参院議員の1・2審は代表質問と一般質問を同じと解釈しているが、間違い、何としてもそのことを最高裁に分かってもらう努力をしなさい」と言った小野誠・元参院自民党事務局長を偲ぶ  鷲見 一雄

2008年01月24日号
【ここが問題】
最高裁が拓銀旧経営陣に札幌高裁の「エスコリース」に対する損害賠償命令を支持したことに思う、破綻の元凶の1人、中岡信栄とは何だったのか?

2008年01月15日号
【今年の注目判決】
鈴木宗男氏、2月26日、安田好弘弁護士、4月23日、旧道路公団、内田道雄副総裁、7月4日に控訴審判決、後藤忠正氏、3月12日に1審判決


|2007年のバックナンバー|2006年|2005年|2004年|2003年|

戻る