今週のコラム【バックナンバー】

※バックナンバーは会員の方のみ閲覧できます。 会員登録がまだの方はこちらからどうぞ

2005年12月26日号
【政治と金と事件と】
東京高裁、白木勇裁判長は何故、村上元労相の控訴を棄却したのか(2)


【読者の声】
キャバクラ嬢は客じゃないのか(キャバクラ嬢の勝訴に思う)   T・F生

2005年12月19日号
【ここが問題】
横浜弁護士会の懲戒請求36件申請書類の処理放置問題の幕の引き方、13か月間弁護士懲戒制度を機能不全に陥らせた責任が諭旨免職処分とは

2005年12月12日号
【注目の控訴審】
焦点は白木勇裁判長らが石井健・豊明会中小企業政治連盟職員の証言と手帳をどう判断するか、村上正邦元労相に対する判決は19日午前10時

2005年12月05日号
【ここが問題】
東京女子医大病院の女児死亡事故、医師に無罪判決を出した東京地裁・岡田雄一裁判長に関する1部弁護士の評価


【読者の声】
イーホームズだけが、姉歯の偽装を見抜けなかったの?  T・F生

2005年11月28日号
【ここが問題】
耐震強度などの構造計算書偽造問題を藪の中の物語にしてはならない


【読者の声】
ヒューザーの買戻しは実現可能なのか  T.F生

2005年11月21日号
【ここが問題】
成田空港・防衛施設庁・国立大学・大学付属病院の電機工事をめぐる談合、官製談合か政治家関係の口利きが有利という利権配分構造

2005年11月14日号
【ここが問題】
「法律 金で買おうと画策した酒政連元理事ら」、自民4議員らへ4600万円

2005年11月07日号
【不動産関係内緒話】
「そんなことあるわけないじゃん」 報道されている茨城地面師殺人の話をしたらこういう反応  T・F生

2005年10月24日号
【読者の声】
新潮45 11月号によれば 地面師と保険金詐欺師という強盗殺人者たち

2005年10月17日号
【ここが問題】
許永中、伊藤寿永光被告とも保釈中に再犯、許被告は2年余保釈逃亡、裁判所が2人に荒稼ぎできるチャンスを与えたと捉えるのは筆者の僻目だろうか

【資料】
3000億円が闇に消えたといわれる最大の経済事件イトマン事件の経過

2005年10月11日号
【不動産残酷物語】
京王線聖蹟桜ヶ丘駅至近の5263坪は開発できるようになるのか 東栄住宅の佐々野俊彦社長、金融業・岡村誠氏、地上げの覇者・南勇二氏は笑うことができるのかA
佐々野社長は40億の担保に入れられる土地を20億円で取り上げ、法律に弱い南氏に損させることで落着させようとしているのは1部上場企業社長としていかがなものか


【ここが問題】
許被告の実刑が確定、イトマン事件の原点は平和相互事件の捜査で金屏風疑惑を避けたこと、検察上層部は許被告の捜査資料を指揮官学の教材にせよ

2005年10月03日号
【不動産有名物件】
京王線聖蹟桜ヶ丘駅至近5263坪は開発できるようになるのか?
東栄住宅の佐々野俊彦社長、金融業・岡村誠氏、地上げの覇者・南勇二氏は笑うことができるのか@


【読者の声】
またまた、中央青山監査法人 TOTOの話 朝日の記事を見て T・F生

2005年09月26日号
【ここが問題】 東京第二検審に「不起訴不当」軽視しないでと苦言を呈された東京地検

【ここが問題】横浜弁護士会の懲戒請求36件放置問題、正副会長にも責任あり

2005年09月20日号
【ここが問題】
武井保雄氏長男に訴えられたが、国が敗訴では法秩序は崩壊する、
「月刊紙の爆弾」誌特別取材班アンタッチャブルが書く「武富士の闇を仕切る金融ブローカー和田誠一氏」を東京地検特捜部がメスを入れられるか否かが勝敗の岐路


【読者の声】
昔陸軍、今郵便局、昔雪印、今カネボウ      T・F生

2005年09月12日号
【訂正】前号の<【告発】特別背任で訴えられたパシコンの荒木民生前社長親子の捜査進む!?次の関心は荒木氏側(PPM)に8億円支払った「東栄住宅」の佐々野俊彦社長の疑惑へ>の訂正

【Q&A】前号で京王線聖跡桜ヶ丘駅近くの5263坪の土地と所有者の東栄住宅と佐々野俊彦社長のことを取り上げたら、10件近い問い合わせがあったので紹介する

【読者の声】登記詐欺師、訴訟詐欺師の踊り場で最後に踊っている人たち…T・F生

2005年09月05日号
【ここが問題】東証1部上場、東栄住宅・佐々野俊彦社長は02年1月末以来、 コンプライアンス意識に則った誠実で透明な経営をしているとは評価できないわけ

2005年08月29日号
【法廷の仕事人】
山田有宏法律事務所の山田有宏、戸谷勝壽、菊地真治弁護士、東京地裁刑事15部、岡田雄一裁判官が「本件公訴事実については犯罪の証明が十分でないことに帰着し、結局、上記2掲記の弁護人の主張は、採用できる」と無罪判決

2005年08月22日号
【ここが問題】 村上元労相の受託収賄公判、1審有罪の決め手となった古関元KSD理事長が捜査段階の供述、1審証言をひっくり返し、請託・受託の証拠がなくなったのに弾劾しなかった検察の姿勢

【読者の声】平和不動産も上場企業、D社も上場企業、もうやめよう乱開発  T・F

2005年08月08日号
【ここが問題】日経ビジネス誌の弁護士総合ランキングと本誌の高額納税者ランキングを比較する

2005年08月01日号
【ここが問題】橋梁談合道路公団ルート、内田副総裁が 「事実無根、冤罪」を主張していること

2005年07月25日号
【ここが問題】高橋治則氏逝く、海外の裁判所で旧長銀の不正が明らかになり、新生銀行が218億円支払い和解、旧長銀関係者は誰も責任を問われていないこと

2005年06月20日号
【ここが問題】佐藤優著『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で公開された西村尚芳検事の問題発言について何の動きもしない南野法相の姿勢

2005年06月13日号
【ここが問題】東京地検特捜部・西村検事が佐藤優著『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』の中で語っているのが事実なら「検察は表と裏を使い分けていることになる、法の番人が2枚舌」とは、総理、法相はきちんと調査し国会に報告すべきだ!

2005年06月06日号
【伝統崩壊】西村検事と佐藤氏の会話から読み取れるのは「今の東京地検特捜部は時代を転換するために、何か象徴的な事件を作り出して、断罪する目的をもった政治検察に変貌した」ということ、幹部が調活費より大きな問題と認識しなければおかしい

【ここが問題】松尾検事総長に問う、今は「西村検事の言う時代転換のために、何か象徴的な事件を作り出して、それを断罪するという目的を持った検察」か、かつて神谷元総長の言っていた「目的意識を持ってはダメという姿勢の検察」なのか?

2005年05月30日号
【ここが問題】「破邪顕正」の心をいつも持ってもらいたいが、戦前の帝人事件のような捜査はあってはならないA

【ここが問題】別の弁護人の1審弁論を丸写しして控訴趣意書として提出した弁護士、こんな弁護士に甘い懲戒処分はご法度だ。

2005年05月23日号
【ここが問題】「破邪顕正」の心をいつも持ってもらいたいが、戦前の帝人事件のような捜査はあってはならない

2005年04月18日号
【ここが問題】ひるむことのない検察を標榜、企業に法遵守の徹底を求める松尾邦弘検事総長

2005年04月11日号
【ここが問題】朝日新聞の<買収防ぐポイズンピル、都内のメーカー「毒薬」で会社を守る>という記事を読んで、価値ある事業の経営者、全ての価値ある所有権者に言いたいこと

2005年04月04日号
【ここが問題】
法務大臣は国民の代表、その視点で南野法相の井内東京地検特捜部長を国会で批判したり、批判を撤回したりした発言を考える

2005年03月28日号
【ここが問題】
企業の法務担当者は頭の切り替えが必要な時期、ニッポン放送側の弁護士はなぜ、3度にわたり裁判所でライブドア側の代理人に苦杯をなめさせられたのか

2005年03月22日号
【ここが問題】
東京地裁民事8部のニッポン放送のフジテレに対する新株予約権の発行による増資差し止めの仮処分決定、東京高裁鬼頭季郎裁判長らはどう判断するか

2005年03月14日号
【ここが問題】
ニッポン放送側は(久保利、中村弁護士)はなぜ、ライブドア(三井・新保弁護士ら16人の代理人団)に緒戦で敗れたのか?

2005年03月07日号
【ここが問題】
国税当局は修正申告に応じない武井保雄氏の長男に対する1300億円の追徴課税通知を貫徹せよ


【読者の声】
外国から人身売買と非難されてやっと−ゆがんだ入管行政と政治難民

2005年02月07日号
【資料1】
「特捜検察の顔」である井内顕策氏が知人の司法記者に渡した「(某受験生及び修習生向け雑誌の原稿抜粋)東京地検特捜部長に就任して」と題する文書全文
【資料2】
サービサー法を「実効なき法律」としたとされる最高裁判例
【ここが問題】
東京地検特捜部とマスコミ(司法記者会所属)のあり方に一石を投じた井内文書と平成10年10月成立の債権管理回収業に関する特別措置法を「実効なき法律」としたと定評のある平成14年01月22日の最高裁第3小法廷判決

2005年01月24日号
【ここが問題】サービサー法も施行6年となると、成立時の説明と違う解釈が東京地・高裁で出されたこと、法律解釈や運用は国民が理解できる内容でなければおかしい

2005年01月13日号
【資料】政界関係者必読、政治資金規正法違反、秘書給与詐欺の坂井隆憲元衆院議員に懲役2年8月、塩野谷晶元政策秘書は1年8月という厳しい判決、その判決要旨


2005年のバックナンバー| 2004年のバックナンバー| 2003年のバックナンバー |


戻る

copyright@(株)司法ジャーナル. All rights reserved.