コラム

2017年07月15日号

【捜査をみる眼】
幼稚園補助金 籠池氏詐欺容疑、大阪市が告訴状を地検特捜部に送付した、と発表


●朝日新聞デジタル
「朝日新聞デジタル」は14日、「籠池氏詐欺容疑、大阪市が告訴状 幼稚園補助金」という見出しで次の記事を配信した。
 大阪市は14日、「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)を運営する森友学園の前理事長籠池泰典氏が補助金など435万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で大阪地検特捜部に告訴状を送付した、と発表した。

 市は、2014年度、15年度に障害のある子どもを受け入れたとして塚本幼稚園に支給した補助金などの一部の435万円分について、保護者の同意や支援実態がなかったとしている。

 市は今後、園長が専従の場合に加算する補助金として、森友学園関連の保育園に支給した約2300万円についても、保育園園長だった籠池氏の妻が塚本幼稚園の副園長を兼務していたとして告訴する方針。このほかにも複数の補助金不正を調べており、不正と確認できれば告訴する方針だ。

●朝日放送
「朝日放送」は15日、「大阪市が籠池氏に対する告訴状を送付」という見出しで次の記事を配信した。
森友学園が運営する幼稚園が補助金およそ440万円をだまし取ったとして大阪市は、詐欺の疑いで籠池泰典前理事長に対する告訴状を大阪地検特捜部に送りました。

市によりますと塚本幼稚園は、障害など特別な支援が必要な園児を受け入れているとして2014年からの2年間に補助金およそ440万円を受け取っていました。しかし、園が保護者の同意なしに診断書を提出していたことが発覚し市は、詐欺の疑いで籠池泰典前理事長の告訴状を大阪地検特捜部に送りました。森友学園をめぐっては、系列の保育園でも、補助金を不正に受給した疑いがあるとして、市は追加の刑事告訴を検討しています。

●鷲見一雄の視点
 籠池氏には疑問点が多い。

●鷲見一雄の憎まれ口
 大阪地検特捜部は国、大阪府、大阪市の秩序を守らなければならない。


戻る